金利が安いカードローン会社はどこ?

お金がどうしても必要な時に、短時間で用意をしてくれるカードローンというのは、助けになる存在です。
カードローンの会社を選ぶ基準として、審査スピードを重視される方も多いとは思いますが、同じぐらい選定基準として大きいもの、それは『金利が安いかどうか』ではないでしょうか。

本サイトでは大手カードローン会社の金利の比較と、それぞれの会社の特徴について紹介していきます。

それぞれの大手カードローン会社の金利を紹介

ではまず、それぞれの大手カードローン会社の金利について紹介していきましょう。

【プロミス】
4.5% ~ 17.8%

【レイク】
4.5% ~ 18.0%

【三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)】
1.8%~14.6%

【みずほ銀行カードローン】
3.5~14.0%(コンフォートプラン)

【モビット】
3.0% ~ 18.0%

【アコム】
3.0%~18.0%

【アイフル】
4.5%~18.0%

以上が一部ですが、大手カードローンのそれぞれの金利となります。

低金利の銀行カードローンのメリットとデメリット

上の金利一覧をご覧いただき、まず最初に感じるのは『銀行カードローンの金利の安さ』ではないでしょうか。
銀行カードローンはキャッシング会社と比較して、金利が安いというメリットがあります。
しかし、同時にデメリットも存在するという事も知っておきましょう。

時間が掛かってしまうのが銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンは金利が安いというメリットはありますが、同時に以下のようなデメリットもあります。

  1. 審査が厳しい
  2. 審査時間がかかる場合がある
  3. 口座を開設する場合は時間がかかる
  4. 振り込みでの借り入れは通帳に記録が残る

もしも急ぎで借り入れをしたい!という状況の方なら、銀行カードローンの『審査時間がかかる』というのは大きなデメリットとなります。
また銀行カードローンは口座を開設しなければ利用できない所もありますので、口座をもっていない銀行のカードローンを利用しようとすると、思った以上に時間が掛かってしまうというのも難点です。

それに対して消費者金融での借り入れは、多少金利こそ高いものの短時間で借り入れができるというのがメリットであると言えます。消費者金融でも短期間で返済を行うことで安い金利に抑えることができますので『急ぎで借り入れがしたい状況』なのか、それとも『時間に余裕のある状況』なのかを考えて消費者金融を選ぶのか、銀行カードローンを選ぶかを決めるのも良いでしょう。

口座を持っている場合は銀行カードローンがスムーズに

銀行カードローンは、その銀行の口座を持っていない場合は、口座を開設しなければならなかったりで時間がかかってしまう場合がありますが、逆にその銀行の口座を持っている場合は書類提出がパスできたり、審査時間が大幅に短くなるなどといったメリットを受けることができ、スムーズに借り入れまで進めることができる場合が多いです。そのため、もしお急ぎで銀行カードローンを利用したいなら、『口座を持っている銀行カードローン』を利用するのがベストであると言えるでしょう。

消費者金融は『無利息期間』の利用で金利が0に!

消費者金融は審査時間や手続きの時間が短いため、急ぎで借りたいという方に向いている反面、金利が安い銀行カードローンと比較すると『金利がやや高い』というのが気になる点です。

しかし最近の消費者金融は、もしも始めての利用であれば最初の30日間は『利息が0円』という無利息期間サービスを導入している所が最近増えています。(例:プロミス、レイクなど)
しかもこれらの無利息期間サービスのほとんどは、初回であれば無条件、もしくは簡単な条件で利用ができますので、もしも短期間で返済できる見込みのある方であれば『金利0』で借り入れを利用することが可能なのです。

『上限金利』と『下限金利』どっちを参考にすれば?

冒頭の一覧をご覧頂ければ分かる通り、カードローンでの金利は『◯◯%〜◯◯%』といったように、金利に幅があります。
まだ借り入れをされた事がない方は、「この金利の『上限』と『下限』どっちが安い方がお得なの?」という疑問を持つ方が多いです。
そこで、この上限金利と下限金利の区別について紹介していきましょう。

借り入れ額が50万円以下ならば上限金利を参考にする

基本的にはカードローンでの金利というものは、借り入れる金額が大きくなればなるほどに安い金利となる傾向があります。
これは法律によって融資額が大きくなるほどに上限金利が低く定められているという理由があります。

もう一つの理由は『信用のある人』そして『融資することによるリスクのある人』を区別する為に、貸出金利に差をつけているという事です。返済能力が長けている高収入の方や、これまでに滞納などといった事故のない方に対しては、商業的には出来るだけ多く借りて欲しいので、借入限度額を高くして、安い金利にしているのです。

消費者金融のカードローンでも、銀行のカードローンでも、一番低い限度額や、50万円以下での借り入れの場合は、ほとんどが上限金利での借り入れとなります。そのため50万円に満たない金額の借り入れの場合は、金利の上限を参考にするのが、正しい業者の選び方です。

上に挙げたカードローン一覧から上限金利で選ぶとすると、消費者金融ならプロミスが17.8%と最も上限金利が安いです。
銀行カードローンならみずほ銀行カードローンが14.0%と最も上限が低金利となっています。

まとめ

以上に紹介したように、カードローンの金利は、それぞれの消費者金融、銀行カードローンによって違いがあります。
基本的には借り入れ金額が少ない(50万円以下)場合は上限金利が安い会社を、逆に借り入れ金額が大きい場合は下限金利が安い会社を選ぶのが、よりお得に借り入れを行うポイントとなります。

また、できるだけ急ぎで借り入れをしたい場合は『消費者金融』を、時間に余裕がある場合は、もしくは指定の銀行口座を持っている場合は『銀行カードローン』をと、自分の条件に合わせて消費者金融と銀行カードローンを使い分けるのも賢い利用法です。

プロミス